肝機能障害を改善しないと恐ろしいことが待っている可能性も!

気がついたら重度化していることが多い肝機能障害に注意!
肝臓が破壊される病気である肝機能障害は、自覚症状がほとんどないため、気がついたら重度の症状になっていたという例が少なくありません。近年、脂肪肝になる方が急増していますが、これは肝炎や肝硬変の入り口ともいえる症状で、重度化すると肝細胞がんに発展することも多く、早めの予防が大切です。

肝機能障害が発生する原因は?
アルコールをほぼ毎日摂取する
脂肪分の多い食事が多い
間食や夜食が多い

これらの原因によって肝機能が弱まると、肝臓内にたくさんの活性酸素が発生します。この活性酸素が細胞を破壊することで、肝臓がダメージを受け、肝炎や肝硬変を招き、やがては肝細胞がんを引き起こしてしまうという訳です。

肝機能障害を改善するにはどうすればいいの?

肝機能障害の改善には水素がおすすめ!
普段の生活の中で、肝機能障害の予防・対策がしたいという方におすすめなのが水素です。水素には肝機能障害の進行を抑制する2つのはたらきがあります。

肝機能障害に有効な水素の2つのはたらき
中性脂肪を減少させる
⇒ 水素を摂取することで、肝臓が中性脂肪を分解するホルモンを分泌するので、肝臓を太らせません(脂肪肝の予防・対策に効果的)。

活性酸素を除去
⇒ 水素は還元作用により、活性酸素を水に変えて無害化し、体外に排出させます(水素は酸素と結びつくと水になる性質があります)。

肝機能障害の予防・対策に水素が良いことは分かりましたが、どのように摂取したらいいの?と思われるかもしれません。水素を体内に摂取するのに効果的なのが水素水です。水素はとても分子が小さいため、水に溶けやすく、身体に吸収されやすいという性質があります。つまり即効性が期待できるので、今すぐ始めたいかたにとても最適な対策方法です!

肝機能障害の改善におすすめの水素水はこれ!

おすすめは「浸みわたる水素水」
「浸みわたる水素水」が選ばれる理由は?

熊本県菊池の原水のみを使用
⇒ 名水百選に選ばれた菊池水源系の天然地下水のみを使用しています。熊本県は阿蘇の伏流水が湧き出る世界に誇る銘水の地として有名ですが、そのなかでも特に飲み口の良い菊池の原水を使用しています。

特許取得の特殊フィルターでナノ化処理
⇒ 特許取得の特殊フィルターで菊池の原水を透過させることにより、ナノ化処理を施しています。このナノ化によって、身体への浸透力を大幅に高めることに成功しています。

水本来の味を変えることなく、中性のままの水素水
⇒ 一般的に用いられる電気分解やミネラルを用いて水素を発生方法は、味が変わってしまうのが難点。そこで、独自の特許技術によって、水本来の味を変えることなく、原水に水素を含有させることに成功しました。

特殊フィルターでナノ化処理した水素水は「浸みわたる水素水」だけ!